本フォーラムの三瓶政一 技術委員長が、「電波の日」総務大臣表彰を受賞されました

三瓶 政一総務省が、令和元年6月3日(月)帝国ホテルにて開催した、令和元年度「電波の日・情報通信月間」記念中央式典において、本フォーラムの三瓶政一 技術委員長(大阪大学大学院 工学研究科 電気電子情報工学専攻 教授)が、「電波の日」総務大臣表彰を受賞されました。
ミリ波無線アクセス技術の第一人者である三瓶先生は、5GMF技術委員長として委員会活動をリードし、5G無線アクセスネットワーク(RAN)の要求条件、機能(Capability)を明確化すると共に、5G候補周波数の要件整理、5Gシステム実現するための無線技術を調査研究し、5GMF白書(5GMF White Paper)の作成に尽力されました。また、標準化に関する関連機関との連携活動、普及啓発活動等、5Gの早期実現に向けた活動において大いに貢献頂いています。

受賞者  :三瓶 政一 大阪大学大学院 工学研究科 電気電子情報工学専攻 教授
功績概要 :情報通信審議会地上業務委員会主査、新世代モパイル通信システム委員会主査代理、第5世代移動通信システム( 5 G )実現に向けた研究開発プロジヱクトの運営委員会座長等を務め、移動通信システムの高度化、国際標準化、研究開発の推進及び国際競争力の強化に多大な貢献をした。
総務省報道:http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin10_02000052.html