ローカル5Gとは

About Local 5G

ローカル5G免許申請支援マニュアル 2.02版

2019年12月の電波法関連法令の制度改正により、28GHz帯の一部の帯域(28.2-28.3GHz)においてローカル5Gの利用が可能になり、加えて2020年12月に帯域(4.6-4.9GHz及び28.3-29.1GHz)を拡張する制度改正が行われました。本マニュアルは、ローカル5Gを構築しようとする方々の助けとなるよう、無線局免許申請に際しての具体的な手続きを支援する手引きとして作成したものです。

ローカル5G免許申請支援マニュアル 2.01版

2019年12月の電波法関連法令の制度改正により、28GHz帯の一部の帯域(28.2-28.3GHz)においてローカル5Gの利用が可能になり、加えて2020年12月に帯域(4.6-4.9GHz及び28.3-29.1GHz)を拡張する制度改正が行われました。本マニュアルは、ローカル5Gを構築しようとする方々の助けとなるよう、無線局免許申請に際しての具体的な手続きを支援する手引きとして作成したものです。

Tokyo 5G Boosters Projectについて

東京都産業労働局商工部は経営・技術支援、創業支援など様々な商工施策を通して、中小企業振興を図っている。その中でも創業支援課は若手起業家の育成・支援、各種助成・知財などの相談、創業支援施設の提供などを行っている組織だ。同部署が5G・ローカル5Gの将来性に着目し、2020年10月27日にキックオフした「Tokyo 5G Boosters Project」の狙いについて聞いた。

AIエッジ×5Gで社会インフラを高度化

ローカル5Gを利用すること自体を差別化要因にできる期間はおそらく非常に短い。すでにベンダーのオリジナリティそのものが問われるフェーズに突入した。OKIのローカル5G戦略は「AIエッジを利用した機動力・実装力による工場5G化での生産性の向上」にある。特に生産ラインが頻繁に変わる中小企業の工場にフォーカスしているのが特徴だ。

普及期を迎えた5Gをさらに拡張した5.5Gによる直近の未来の開発に着手

5G基地局は通信機器大手3社で約8割を占める寡占市場だが、5Gユーザーの数、ということになると圧倒的に中国だ。すでに日本の人口を超える1億8,000万人のユーザーが5Gを活用している。その中国国内で基地局のトップシェアを誇るのがファーウエイである。そしてファーウェイの資材調達先として大きな貢献をしているのが数多くの日本企業である。日本国内の5Gの普及とパートナーシップの拡大を担うファーウエイ日本の3人のキーパーソンに今後の戦略を聞いた。

ローカル5G免許申請支援マニュアル 2.0版

2019年12月の電波法関連法令の制度改正により、28GHz帯の一部の帯域(28.2-28.3GHz)においてローカル5Gの利用が可能になり、加えて2020年12月に帯域(4.6-4.9GHz及び28.3-29.1GHz)を拡張する制度改正が行われました。本マニュアルは、ローカル5Gを構築しようとする方々の助けとなるよう、無線局免許申請に際しての具体的な手続きを支援する手引きとして作成したものです。

現場に強い“電波が見えている”集団が構築するローカル5G

過酷な自然環境での通信・映像処理に数多くの実績を誇る日立国際電気でローカル5Gの営業をリードする佐々木仁氏(営業本部担当本部長 兼5G/ AI推進センタ・副センタ長)と技術部門の玉木剛氏(モノづくり統括本部・5G/AI推進センタ部長)に、彼らが考えるフィールドエッジコントローラーとローカル5Gの活用法を聞いた。

SIMのオーナーが多様化する時代の到来

ローカル5GではSIMはインテグレータ・自治体などのサービス提供者の持ち物になる。自分自身でSIMに機能を加えてサービスにつなげていくということがやりやすい。携帯電話のSIMカードで国内No1シェアの大日本印刷株式会社・情報イノベーション事業部の神力哲夫氏(第2部部長)と高井大輔氏(第2部 第1グループリーダー・シニアエキスパート)がSIMカードからのローカル5G利用法を語る。

ローカル5G導入支援ガイドブック1.0版

2019年12月の電波法関連法令の制度改正により、ローカル5Gの利用が可能となりました。ローカル5Gは、地域や産業の個別ニーズに応じて地域の企業や自治体等の様々な主体が、自らの建物内や敷地内でスポット的に柔軟に構築できる5Gシステムであり、地域の課題解決を始め、多様なニーズに用いられることが期待されています。本ガイドブックは、ユースケースの紹介等によりローカル5Gの導入を支援する手引きとして作成するものです。

ローカル5Gは地域創生でその威力を発揮する

来るべく5G時代の多様化した通信ニーズに対応し、地域や産業界それぞれの主体が、5Gを活用したシステム(ローカル5G)を導入できる制度が整備された。そこで第5世代モバイル推進フォーラム(5GMF)は既存の4委員会に加え「地域利用推進委員会」を新たに設置し、総務省でローカル5Gの検討をリードしている三瓶政一氏(大阪大学・教授)が委員長に就任した。

ローカル5Gとは

この度、本サイトに「ローカル5G」のコーナーを新設いたしました。本コーナーにて、ローカル5Gを構築しようとする方々の助けとなるよう、無線免許申請に際しての具体的な手続きについての手引きとなるよう「ローカル5G免許申請支援マニュアル1.0版」を公開いたしましたので、ぜひご活用ください。今後、ローカル5Gに関する各種情報を発信してまいります。